採用情報 アルバイト募集 MENU
採用情報 アルバイト募集
あなたのデータサイエンス力を
飛躍的に向上させるNumPy徹底入門

NumPyは、多次元配列を扱う数値演算ライブラリです。機械学習だけでなく画像処理、音声処理などコンピュータサイエンスをするならNumPyを学んでおくことで、あなたの日々の研究や開発の基礎力は格段にアップするはずです。

プログラミングの初心者から、Webエンジニア、これから研究する人など、初学者にも分かりやすく優しく説明することを心がけて必要な知識が身につくように解説しています。

腰を据えて学習する時間と余裕のある方は、Step1から順に進めていくことで、苦手意識のあった方でも一通り読み終わる頃には理解できなかったPythonとNumPyのソースコードがスラスラと読めるようになるはずです。

上級者の方は、分からない記事だけ読むだけでも、力になると思われます。あなたのプログラミング能力を向上する手助けになることをお約束します。このサイトを通して、コンピュータサイエンスに入門しましょう。

Step1.

NumPyの基本

まずはNumPyのインストールと開発環境の環境を構築します。そして、これから学ぶNumPyを構成する要素について一緒に理解していきましょう。

Step2.

NumPy配列を操作する関数を知る

NumPyの多次元配列の構造を理解したので、実際に配列を操作・取得する方法を学びましょう。プログラミングをする上で基本操作を自在に利用できるようになることで、実験や研究のアイデアをすぐに実現することができるようになります。

Step3.

NumPyの数学関数を使いこなす

NumPyには多種多様の数学関数が予め実装されています。自ら関数を作らずとも、用意されているので、容易にアイデアを具現化することができます。このステップでは、どんな数学関数があるのかを確認しながら、実際に使ってみましょう。

Step4.

NumPyを使った機械学習

実際にNumPyを使ってゼロから機械学習を学びながら、これまで覚えてきた関数を使ってニューラルネットワークを構築してみましょう。このステップを通して、短いコードで高度な知識を実現できるNumPyの力を体感しながら、これからの実験・実装に活かしてください。